マネージャーメッセージ

どうすればお客さまに喜んでいただけるのか?
それを徹底的に考えて実行し続ける姿勢を
大切にしています。

時間をかけてお客さまと向きあい、本当のニーズに応えていく。

新生銀行で資産運用のコンサルティングを担う醍醐味。それは、言葉だけではない真の「お客さま本位の提案」ができることです。当行はお客さまのニーズによりきめ細かくお応えするために2019年度から、お客さまの資産運用のコンサルティングを行うスタッフ(以下、コンサルタント)の役割を、お客さまの属性・お取引の状況に応じて細分化しました。これにより、資産運用の経験が豊富な方から未経験の方までどのようなお客さまにも、しっかりと時間をかけてお預かり資産のフォローと新たなご提案をさしあげるスタイルを実現しています。

コンサルタントの評価も営業の数字だけではなく、お客さまのアンケートによる対応満足度、また新しいお客さまをご紹介いただくなど、お客さまと親密なリレーションを築き、新生銀行のファンを増やしていく仕事も高く評価しています。それが一人ひとりのやりがいに繋がっていると実感しています。何を提案するかは現場に委ねられており、どうすればお客さまに喜んでいただけるかを懸命に考え、誠実に実行した人材が最も認められる銀行です。

お客さまのライフプランにあわせて、まだお気づきになっていない資産運用方法をご提案することに、コンサルタントの存在意義があります。私自身も、以前はコンサルタントとしてたくさんのお客さまと接してきましたが、「新生銀行に来るといつも新しい発見があるので楽しい」「本当に親身になって話を聞いてくれるので、気を許していろんなことを相談したくなる」という嬉しいお言葉をたびたびいただきました。こうした喜びを、ぜひみなさんにも味わっていただきたいと思っています。

リテール営業第三部 統轄次長
森本 治代子

社内の優れた知見を共有しながら、質の高いコンサルティングを実践。

お客さまにより質の高い提案ができるよう、コンサルタントをサポートする体制が充実していることも、新生銀行でキャリアを積む魅力のひとつです。社内には先進的なCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)システムが導入されており、お客さまがどのような分野、商品に興味をお持ちなのかを知ることができますので、ニーズを事前に推測しながら「お客さまが期待していること」に沿った提案が可能です。また、リアルタイムで全店の成功事例を共有できる仕組みもあり、お客さまとのやりとりの中で難しい課題に直面した時、他店の優秀なコンサルタントはどのような提案をしているのか、具体的な提案方法など、多くの有益な情報をいつでも調べることができ、常に新たな学びを得られる環境が整っていいます。

お客さまの高度な課題に対しては、本部の専門組織も強力に支援しています。財産コンサルティング営業室もそのひとつであり、特に富裕層のお客さまから寄せられる相続対策や保有不動産の活用、それにともなう税務などの専門知識を持つスタッフと協働し、より高い次元のコンサルティングを実現しています。こうしてすべての部室店が密に連携し、常に「お客さまのため」に行動を起こしていることも、新生銀行らしい特徴だと思います。

現場では、私たちマネージャークラスが各コンサルタントと日々コミュニケーションをとり、お客さまの課題解決のために一緒に提案内容を考えています。研修とOJTにより業務に必要な知識やスキルは入行後にしっかりと習得できますので、転職される方も安心していただければと思います。

金融の常識に縛られないアイデアも、ここなら尊重される。

新生銀行は、けっして大きな組織ではありません。それだけに上下の距離が近く、たいへん風通しの良い風土です。大きな組織では敬遠されるような尖った意見、先進的なアイデアや商品企画も、お客さまの利益になると判断されれば受け入れられ、スピード感をもって実行に移される。現場からの発案により、キャンペーンが企画、実施されるケースもよくあります。これから新生銀行に新たに参画いただくみなさんもご自身のバックボーンを活かして、従来の金融業界の慣習にとらわれずに斬新なアイデアをどんどん出してほしいですし、それは必ず尊重されます。ぜひ新生銀行でご自身の新たな可能性を引き出し、本当にお客さまから頼られる資産運用コンサルタントとして有意義なキャリアを重ねてほしいと思っています。

page top