新生銀行

金融インフラ部門

キャリア採用トップページ > 部門紹介 > 金融インフラ部門

金融インフラ部門とは

金融インフラ部門では、当行のビジネスモデルを実現するために不可欠な基幹業務を担っています。通常、銀行のシステムは、巨大なメインフレーム(大型コンピューター)で多くの業務システムやデータが複雑に絡み合いながら処理されているため、導入時や、改良・拡張時に多大な時間とコストを要します。
一方、当行は、銀行業界で初めてメインフレームに依存したITインフラから脱却し、産業工学の「パス(進路)」方式に基づき、小型マシンを使って、ビジネスのニーズに応じてシステムが徐々に発展していくような、全く新しいコンセプトのシステムを構築しました。
ビジネスのニーズを細かく分解し、量産品マシンを使用して個々のニーズに対応するソリューションを開発することにより、日々変化するビジネスニーズに対して迅速、柔軟かつ低コストでの対応が可能となっています。法人部門、金融市場部門そして、個人部門のビジネス・ドライバーともいうべき存在です。

また、このIT手法の推進とあわせて事務処理の自動化も進め、製造業の組み立てラインのように、低コスト、高品質で柔軟な事務処理プロセスを実現することで、ATMの手数料無料化、インターネットバンキング、デジタルイメージ処理によるペーパーレス化などの先進的な施策を常に実行してきました。今後も、これまでに蓄積したスキルと経験を最大限に活用し、新生銀行の収益力、競争力の向上に寄与していきます。
なお、こうした基幹システムを格納したマシンや、マシンのコントロール、そして資金決済等の重要な事務処理はすべて複数地域に分散されており、広域災害時にもお客さまへのサービスを継続できる体制を整えています。

金融インフラ部門の体制

図:金融インフラ部門の体制

このページの先頭へ