新生銀行

個人部門「転職者インタビュー」

キャリア採用トップページ > 部門紹介 > 個人部門 > 転職者インタビュー(武藤 葉子)

写真:武藤 葉子

ローン商品を究めたいとメガバンクから転職。絶えず新しいことを提案し、行動することが求められる風土は、私を成長させてくれます。

武藤 葉子 ローン商品部 2011年入社

ローン業務を通じて、お客さまの人生の幸せな瞬間に関わりたい。

私は新卒でメガバンクに就職し、都内の支店でローン業務を担当していました。事務職での入社でしたが、ローン業務というのは、さまざまなお客さまのライフプランを垣間見ることができます。なかでも住宅購入というのは人生の重大なイベントであり、「家を持つ」というお客さまの幸せな瞬間にローン業務を通して関われることに、私はとてもやりがいを感じていました。しかし、支店から本社へ異動になり、別の業務を担当することになって、私としてはもっとローンを専門的に究めたいと転職を考えるようになったのです。
新生銀行は住宅ローンにおいて「繰り上げ返済手数料0円」や「保証料無料」という画期的なサービスを打ち出していましたし、店舗もお洒落なつくりで個人的にとても良い印象を抱いていました。そんな新生銀行がローン商品の営業職を募集していることを知り、ここでローンについてもっと勉強してみたいと応募したのです。以前は事務職で限られた業務しか経験できなかったので、次は営業職としてもっとお客さまに深く関わり、ローンを通じてお客さまの幸せな暮らしをコンサルティングできるような人材になりたい。そんな私の思いを受け入れていただき、新生銀行での新たなキャリアがスタートしました。

自分が本当に良いと思える商品を提案できる。だからストレスがない。

新生銀行に入社して実感するのは、本当に優れた商品をお客さまにご提供しているということ。たとえば新生銀行の住宅ローンは手数料が最小限に抑えられており、金利も低く繰り上げ返済も無料。また、疾病・要介護状態に備える安心パックや、提携業者が提供する病児保育・家事代行サービスが受けられるといった、お客さまの生活・ライフイベントに寄り添う安心パックWなど、斬新なサービスも充実している。自分自身が本当に良いと思える商品を扱えるので、ストレスはまったくありませんし、お客さまにも喜んでいただける。住宅を新規に購入されるお客さまに「ここでローンを組んでよかった」というお言葉をいただいたり、借り換えのお客さまに「前と比べて家計が潤うよ」と言っていただいた時は感激します。また、たとえ条件が合わずにローンが組めなかった場合でも、私の対応を評価してくださって、お客さまの知り合いの方をご紹介いただくようなこともあり、そんな時は本当にうれしいですね。
最近はチームのサブリーダーとしての役割も任され、後輩の指導にも力を注いでいます。部内で定期的に開かれている、メンバーの能力開発を図るための「スキルアップミーティング」にも参加し、チーム内でのロープレを企画したり、お客さまとの対話ノウハウをまとめた資料の作成などを担当。社内に対する貢献も徐々に大きくなってきています。

部長もリーダーも女性。キャリアモデルとなる優秀な先輩方が身近に。

以前に勤務していたメガバンクとは違って、新生銀行は上下関係がとてもフラットです。上司を役職名で呼ぶことはありませんし、部長との距離も近い。そして上の人間が積極的に私たち現場のスタッフに意見を求めてくるので、自分の考えをそのまま伝えられますし、良い提案ならすぐに反映されます。ちなみにローン商品部のトップは女性であり、私のチームのリーダーも女性。目標となる優秀な先輩が身近にたくさんおり、女性がキャリアを積む環境としても魅力的だと思います。
これからは、さらに住宅ローンや不動産の知識を深め、この分野の専門家としてキャリアアップしていきたいですね。また後輩を指導する立場にもついたので、マネジメントの力も高めていきたいと思っています。新生銀行は、ただ営業の数字を上げればいいという風土ではありません。むしろ「毎日同じことをやるな」という文化であり、絶えず新しいことを考えて提案し、行動に移していくことを求められる。本当にいろんな経験ができる場ですし、私も入社時と比べたら別人のように成長している実感があります。

※所属、職名等は、インタビュー当時のものです。

このページの先頭へ