新生銀行

リスク管理部門

キャリア採用トップページ > 部門紹介 > リスク管理部門

リスク管理部門とは

リスク管理部門では、経営判断に必要な良質の定量・定性情報を捕捉・分析し、適時に提供する高度なリスクマネジメントを実践し、銀行全体の信用力の向上と永続的な安定を担っています。
当行は、リスク管理を経営上の最重要課題のひとつとして位置づけ、近時、各種委員会の機能強化、銀行内の他部門や組織から独立しかつ権限を持つリスク管理機能の構築のための強固なガバナンスストラクチャーの採用等、リスク管理態勢強化のための諸施策を講じてきました。これらのリスクガバナンスの導入により、リスク管理部門のフロントに対する牽制機能およびリスク管理フレームワークが強化されています。

リスク管理部門は、定期的にポートフォリオの状況やリスク管理態勢を取締役会で報告し方向性を協議するなど、取締役会とのコミュニケーションの強化を図っています。部門内には各種リスクを熟知した人材が配置され、各種ポートフォリオのリスク管理方針、統合的リスク管理をはじめとする各種計量的アプローチ、個別企業との取引方針を十分に議論するとともに、適切かつ迅速に判断を行う組織体制としています。また、顧客基盤拡大の目標に沿って、与信プロセスの改定や営業担当者に対する研修等の必要な体制整備を実施しています。

リスク管理体制

図:リスク管理体制

このページの先頭へ